お知らせ

27Tuesday

サラの苑・お彼岸 2016年 秋彼岸会の模様

平成28年9月25日(日)にサラの苑 秋彼岸会を厳修致しました。
今年もたくさんの方々にご参拝いただきましたこと御礼申し上げます。
一部ご法要の様子をご報告させて頂きます。

 

▲今回の彼岸会でも、一部と二部に分かれてのご案内を致しました。
ご家族の皆様にゆっくりとお座りいただいてご参拝していただく事が出来ました。




▲僧侶の読経が響く中、ご家族皆様、我が子を想い、ご焼香をされておられました。




▲法要後は宗良さんによる法話や、お接待のおはぎをご賞味いただきました。




▲お申込み下さいました全ての方へ廻向の証をお送りしております。
今年の行事法要も今回の秋彼岸会で最後となりました。
たくさんのご家族様にご参列いただいたこと、スタッフ一同心よりお礼申し上げます。
これからも多くの方々のご参拝をお待ちしております。

26Friday

秋のお彼岸会法要のご案内

 「 秋彼岸 菩提の種を 蒔く日かな 」

と古歌にありますように、秋のお彼岸が間近に迫ってまいりました。

お彼岸とは 迷いのこの苦しみの世界(此岸)から悟りのお浄土(彼岸)へ至るという意味です。
一年中で昼夜の長さが同じで「暑からず 寒からず」のこの時期七日間をお浄土と見立てて、
寺院に参拝し、お墓参りをしてご先祖・亡き精霊の御霊を弔い、日頃の懈怠(おこたり)を反省し、
仏道の精進努力(自分の心を磨く)の機会とするわけでございます。

当苑では下記日時により、彼岸会法要を勤めます。
多くの方のお申し込みとご参拝を心よりお待ちしております。

【日 時】
平成28年 9月 25日(日)
第1部 午前11時より
第2部 午後13時より

【場 所】
サラの苑 本堂にて

お振込のみでのお申し込み、また当日のお申し込みは御遠慮下さい。
お早目のお申し込みをよろしくお願い致します。
※法要の後に、ご法話とおはぎのお接待もございます。
供養を申し込まれた方はその後 「廻向の証」とお彼岸の冊子をお送り申し上げます。

>>秋のお彼岸会法要への申込みはこちらをご覧下さい

17Wednesday

サラの苑 2016年 六灯会の模様

去る8月13日(土)にサラの苑お盆供養 六灯会を厳修致しました。
当日はまだ昼間の暑さの残る蒸し暑い中、多くの方々にご参拝いただきましたこと御礼申し上げます。
一部ご法要の様子をご報告させて頂きます。




▲今年は震災を受け、東北青森からメッセージ入りの「ねぷた金魚」をたくさんお送り下さいました。




▲正面玄関には、恒例となりました献花と頂いたねぷた金魚とご家族様へご協力いただいた折り鶴をお供え致しました。
多くの方へご協力いただきありがとうございました。




▲サラの苑2階の本堂では、今年も多くの大願献灯とお灯明の温かい光がゆらめき、厳かな雰囲気に包まれておりました。




▲僧侶の読経が響く中、ご焼香ならびに施餓鬼供養をしていただき、大切なペットちゃんのお灯明へ手を合わせていただきました。





▲サラの苑の苑内に並ぶお灯明です。たくさんのお灯明の光が参道を優しく照らしております。
ご参拝の方々も、愛する我が仔のお名前を見つめ、ご焼香をされておられました。




▲今年も紙芝居は宗良さんに読んで頂きました。ご家族様には京都の風物詩である「五山の送り火」の炎を映した京都の銘菓「山あかり」をご賞味いただきながらお聞きいただきました。




▲法要後は、昨年も大好評の「精霊馬」作成と、「オリジナル灯篭」の体験コーナーを設けておりました。




▲1階ロビーにて「精霊馬」を作成していただきましたが、こちらにもたくさんのユニークな「ねぷた金魚」が天を泳いでおりました。どの家の精霊馬か分かるように、皆様お名前をメッセージを添えていただきました。とても立派な精霊馬がたくさん完成致しました。




▲オリジナル灯篭も色とりどりの色で思い思いの絵やメッセージを書いてお供え下さいました。




今年で六灯会も7回目となりました。
震災から3ヶ月が経ちましたが、多くの方々のご協力によりこの日を迎える事が出来ました。
今年も多くのご家族様へご参加頂き、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

来月は秋のお彼岸会をお勤め致します。皆様のご参列を心よりお待ち申し上げております。

01Monday

六灯会(ろくとうえ)開催のお知らせ

本堂

 

すべての「いのち」は現世でのお役目を終えると、
六道の世界を通り仏様の世界へと帰って行かれます。

六道とは「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天」の六つの 世界を表します。
それぞれの六道の世界に六つの智恵の灯明を供え、迷わず仏の世界へと導かれるよう祈りを込め供養することを「六灯会」と言います。
亡き精霊達のみならず、お盆で帰ってくる生きとし生けるものの安らかな供養を願い、六道参りをお勧めいたします。


【開催日】 平成28年8月13日(土)
【場 所】 本蔵院別院 ペットのお寺 サラの苑
【法 要】 第一部 17:30より / 第二部 19:00より 2階本堂にて執り行います。
【供養料】 六灯明 一口 3,000円 / 大願献灯 一口 3,000円
【献花料】 一口 2,000円 ※お持ち帰りはできません。

>>お申込み資料はこちら(PDFファイル 533KB)
>>昨年の六灯会の模様
 

14Tuesday

営業についてのご案内

現在、「サラの苑」の全ての業務におきまして、通常通りの営業を行っております。

また、この度の地震の影響につきましては、
供養棚、個別墓、合同墓に関しては無事でございますので、ご安心下さいませ。
ご不明な点等ございましたら、お電話にてお尋ねくださいませ。

18Friday

サラの苑・お彼岸 2016年 春彼岸会の模様

平成28年3月13日(日)にサラの苑 春彼岸会を厳修致しました。
今年もたくさんのご家族様にご参拝いただきましたこと御礼申し上げます。
一部ご法要の様子をご報告させて頂きます。







▲今年は、彼岸会では初めて一部と二部に分かれてのご案内を致しました。
ご家族の皆様にゆっくりとお座りいただいてご参拝していただく事が出来ました。


▲僧侶の読経が響く中、ご家族の皆様我が子を想いご焼香をされておられました。



▲法要後は宗良さんの法話を、お接待のぼたもちをご賞味いただきながらお聞きいただきました。


▲3月11日で5年を迎えた東日本大震災で亡くなられた全ての命を想いながら、
皆様とご一緒に「般若心経」をお唱え致しました。


▲お申込いただきました全ての方へ「廻向の証」をお送りしております。
次回の彼岸会でも皆様のご参列を心よりお待ち申し上げております。
 

28Sunday

春のお彼岸会法要のご案内

   「 春彼岸 菩提の種を 蒔く日かな 」

 と古歌にありますように、春のお彼岸が間近に迫ってまいりました。

お彼岸とは 迷いのこの苦しみの世界(此岸)から悟りのお浄土(彼岸)へ至るという意味です。
一年中で昼夜の長さが同じで「暑からず 寒からず」のこの時期七日間をお浄土と見立てて、
寺院に参拝し、お墓参りをしてご先祖・亡き精霊の御霊を弔い、日頃の懈怠(おこたり)を反省し、
仏道の精進努力(自分の心を磨く)の機会とするわけでございます。

当苑では下記日時により、彼岸会法要を勤めます。
多くの方のお申し込みとご参拝を心よりお待ちしております。

【日 時】
平成28年 3月 13日(日) 
第1部 午前11時より
第2部 午後13時より

【場 所】
サラの苑 本堂にて

お振込のみでのお申し込み、また当日のお申し込みは御遠慮下さい。
お早目のお申し込みをよろしくお願い致します。
※法要の後に、ご法話とおはぎのお接待もございます。
供養を申し込まれた方はその後 「廻向の証」とお彼岸の冊子をお送り申し上げます。

>>春のお彼岸会法要への申込みはこちらをご覧下さい

 

01Friday

新年のごあいさつ



当院一同、初心に帰り、申年の今年が最初のスタートである
という気持ちで出発したいと思います。

今年も職員一同、気を引き締めなおしてまいりますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

■年始の開苑時間
1月 1日(金) 休苑
1月 2日(土) 9時〜17
1月 3日(日) 9時〜17
1月 4日(月) 10時半〜19
1月 5日(火)より通常営業いたします。

10Tuesday

12月 月例総供養法要のお知らせ

 

次回 平成27年12月13日(日)13時〜 サラの苑本堂にて
月例総供養法要を開催いたします。

当苑にご縁のあったペットちゃんたちを通していのちについて皆さんで考えませんか?愛しいペットちゃんを亡くされたという同じ気持ちを分かち合い明日への活力になれば幸いでございます。
また、今注目のペットちゃんの健康祈願も同時に行いますので是非ご来苑くださいませ。皆様のご来苑をお待ち申し上げます。


 

24Thursday

サラの苑・お彼岸 2015年 秋彼岸会の模様

去る9月20日(日)にサラの苑 秋彼岸会を厳修致しました。
秋晴れの清々しい気候の中、今年最後の行事法要という事もあり、
多くの方々にご参拝いただきましたこと御礼申し上げます。
一部ご法要の様子をご報告させて頂きます。



▲秋風が心地よく吹き、隣接しております菩提樹苑でも鮮やかな彼岸花が見頃を見せております中、秋彼岸会法要は厳かに執り行われました。



▲僧侶の読経が響く中、ご家族の皆様我が子を想いご焼香をされておられました。


▲法要後は宗良さんの法話を、お接待のおはぎをご賞味いただきながらお聞きいただきました。


▲お申込みいただいた方でご参列いただけなかった方へは廻向の証をお送りしております。

次回の彼岸会でも皆様のご参列を、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

  • 1/8PAGES
  • >>

↑ページトップへ

新着情報

  • 記事一覧
  • 過去の生地

お知らせブログやるならJUGEM